« 恋の進め方 | トップページ | 遠距離恋愛のはじまり »

ホンキの恋愛活動休止中。

根っからの恋愛体質な私。 もうコリゴリと思ったことは一度もない。

自分の全てを捧げてもイイと思った瞬間に破局を迎えようが、ショックで1週間で5キロ痩せようが

結局そんなこと、次の恋愛のステップに過ぎなかった。

実は最近、私の中で変化が現れた。

ホンキの恋愛をしないようにしないようしている事。どんな風の吹き回し??

恋愛に疲れたとか血迷って思った瞬間もあったけど、本音は違うらしい。

私の本音は、次にホンキの恋愛をするためのホンキ恋愛活動休止。

そして、より理想に近い男に出会うべく自分を磨こうと考えた。

自分を磨くのは何も外見ばかりではない。 前向きな考え方や、自分の仕事、出来る事はたくさんある。

いい人間関係を築き、輪を広げよう。

自分の力で生きていけるように自立した女になろうではないかっ!

そうすれば、男に頼らずとも自分の好きなものが好きな時に手に入るし、しみったれた割り勘主義男とも即サヨナラできる。

指輪を買ってやる~なんて余裕な顔して2,3万の物を買おうとされても本当に困ってしまう。

さすがに面と向かっては言えないけど、私そんなもの身につけるなんてイヤだもん。

それは、愛とはまた別の話。自分の好みが強くある私にとって趣味に合わないものをつける事はどう考えても我慢できることじゃない。

最低でも10万、でも本音は最低70万円クラスの指輪が欲しい。

でも、もし70万円の指輪を彼が買ってくれるといったら? もちろん私は見返りを求められる。

どんなに私のことが好きでも、相手は人間だもの。ただより怖いものはない。

でも、それに見合うプレゼントのお返しが出来る私だったらお互いハッピーじゃないかって考えた。

そんなことを考えるきっかけになった男がいる。

それは、割り勘主義男。

その男はデートの時、割り勘を望んでいたようだ。そんなヤツ会った事なかったからまさかとは思ったけど、

割り勘がイイとハッキリ言ってきたから驚いた。

初めのうち私は食事をする店をどこがいいなどと意見せず、だまってついて行っていた。

割り勘主義なんて思ってもなかったから、いつものように本当に心から笑顔でご馳走様でした。と言ったのに、なんだか男の顔が歪んだように見えた。

でも、気のせいではなかった。真剣な顔つきで私に 割り勘じゃダメなのか? と聞いてきたんだ。

キモ・・・。正直そう思った。 三十路そこそこの男がいうことかよ!!!!!

これ以上付き合うのをやめようかと思ったけれど、この男がどんな行動をするのかイロイロ見てみたくなった。

題して、割り勘主義男の研究。 (ストレスは確実に溜まる・・・かもしれない。)

ん~どんなコースでいこうかな。イロイロ考えた結果、この男とは女友達だと思って付き合おうと思った。それが最良のストレスのない考え方だった。

女友達なら、どこでも割り勘が当たり前だし!ってな感じ。

それから私の態度はごく自然に、そして気を使う事はなくなった。食事の店を決める時に割り勘主義男が定食がたべたいなぁ~などとつぶやいてみせるから、

あ~それはイヤだとハッキリいってあげた。そしたら男はブツブツなんか言ってたけどぶっちゃけ私には全くもって関係のない意見だった。

SEXの時だって自分がサービスしたくない気分の時はしないし、SEXすらしたくない時だって拒否しても全然問題ない。

いつだって、自分の気持ちに正直に、そして無理をせずに、相手の機嫌をうかがう必要もない。

最高~♪♪♪

そんな頃徐々に、男は思い通りにならない私に夢中になりはじめた。意味不明というか、単純なのか。

こんな男でも一応ハンターなんだろう。

もちろん私に割り勘主義男は必要ない。時間の無駄なのでサヨナラ。

寂しいからと自分が求めてもいない男と時間を共にするのはただ無駄なだけでしょ。

すったもんだありながら、こうやって私のホンキはしばらくお休み。

こないだ海であったマッチョなパーフェクトボディの男。 体は良いけど体だけなんだろ~なぁ~と思いつつ

電話番号を交換した。

だけどやっぱりダメ~。もう電話の内容でだいたいの人間経験値を感じてしまった。

まだまだ活動休止は続きそう~。 

いつも水面下にいてホンキ男に捕まえられるようキラキラ光らせて見せましょう。と心に誓う日々です。

|

« 恋の進め方 | トップページ | 遠距離恋愛のはじまり »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恋の進め方 | トップページ | 遠距離恋愛のはじまり »